Details & Credit

2nd album "Romanesco!!"

Release date - 17, July, 2019

Produced by Ken Miyajima

Recording engineers - Ken Matsuoka, Ken Miyajima, Masaoki Moroishi

Mixing engineer - Shinya Matsushita at Studio Dedé

Recording studios - Sound Crew Studios, Crush Studio 5, Studio MASS, OTOlab

Recording assistants - Kohei Saito (Sound Crew Studios), Natsuki Ishikura (OTOlab)

Equipment - Sound Crew, Crush Studio 5

Mastering engineer - Masaoki Moroishi at Parasight Mastering

Cover design - Julia Mandelbrot and Dai Iimori

PERSONNEL

Ken Miyajima - vocals, basses, pianos, moog, organs, mellotron, guitars, mandolin, vibes, effects, composition and lyrics

Masuhiro Goto - drums, timpani, vibes and assorted percussion

Yutaro - vocals, guitars, electric sitar and composition

Susumu Sakurai - vocals on Somewhere in the Marmalade Skies

Toru Tabe - additional acoustic guitar on The Serenity

Special thanks to Hiroshi Takayama, Shu Tsuchiya, Kazuma Moroishi (Shiggy Jr.), Kinzoku Yebis, Electric Sheep, all alumni of Romanesco, all alumni of CoCoMo, Atsushi Sofuni, Masahiro "Starless" Takashima, Satoru Akitani, Hyper Guitars, Miyaji Gakki Wurly's!, Hammond Orgasm and Music Magazine.

And for great inspirations, thanks to Led Zeppelin, Pink Floyd, The Beatles, Yes, King Crimson, The Nice, Emerson, Lake & Palmer, The Who, Spinal Tap, Deep Purple, The Mahavishnu Orchestra, Jerry Lee Lewis, Phil Spector, Queen, Scanchi, George Martin and Eddie Offord.

楽曲解説

1) 隠された星空 パート1 & 2 (Hidden Stars in the Sky Parts 1 & 2) words - Ken / music - Ken (Parts One & Two) & Yutaro (Part Two)

​ユウタロウの持ち込んだ楽曲"Nowhere Bound"を20分の大作にアレンジし、アルバムの最初と最後に半分ずつ収録。ジャズロックへの挑戦を盛り込みながら、サイケデリック感も残した。オープニングとなる前半部分は、アンビエントなシンセサイザーサウンドとブルージーなギターをフィーチャーしたインストゥルメンタルのパート1、スリリングなオルガンとギターのインタープレイを含むハードチューンのパート2からなる。「隠された星空」というタイトルは、ロマネスコのライブでオープニングSEとして使用していたシンセサイザーや効果音の多重録音から。歌詞はヌーディストビーチやインドに憧れる1967年の若者の視点から。

Ken - vocals, basses, acoustic & Rhodes pianos, Hammond & Farfisa organs, guitars, mandolin, moog, mellotron, sound effect

Masuhiro - drums, vibes, timpani

Yutaro - vocals, guitars

*Gear: Rickenbacker 4001S and 4001, Hammond C-3, Farfisa Compact, Streetly Electronics Mellotron M400S (3 Violins and Flute), minimoog with 1150 ribbon controller, Rhodes Mk I Stage Piano, Steinway piano, Fender Stratocaster, Scoop TL model with B-bender, Harmony H35 electric mandolin, Morris 12 string acoustic, Gibson GA-20 combo amp, Flying Teapot 59 Preamp, Sola Sound Tone Bender Mark 3, Shin-Ei Uni-Vibe, BOSS Tremolo, Intelijel SpringRay2 reverb, Strymon Volante echo, Ludwig Drums and Zildjian cymbals, Ludwig Professional Timpani, Triangle, Musser M55G vibraphone, Neumann U87Ai microphone

2) イカロスの飛翔 (The Serenity) words and music - Ken

アルコールにまつわる体験を描いた曲で、ここでは英国フォークロックやロックンロールのスタイルを取り入れている。サルーンスタイルのピアノソロは生ピアノだけでは感じが出ず、RMIピアノをダビングしてタックピアノ風にしている。大のJethro Tullファンであるタベトオルが英国フォークスタイルのギターを鳴らし、世界観を構築。断酒を決意して二ーバーの祈りを唱えかけるが、途中でやめるところで歌詞は終わる。

Ken - vocals, bass, acoustic and lap steel guitars, acoustic and RMI pianos, moog

Masuhiro - drums

Toru - acoustic guitar

*Gear: Fender Precision Bass, Steinway piano, RMI 368X Electra-Piano And Harpsichord, Gibson J-200 Celebrity, Martin OO-15M, Guyatone Conqueror lap steel, Gibson GA-20 combo amp, Flying Teapot 59 Preamp, Maestro Bass Brassmaster fuzz, Intelijel SpringRay2 reverb, Ludwing drums and Zildjian cymbals, Neumann U87Ai microphone

3) 次のページ (The Next Page) words - Ken / music - Ken & Yutaro

1969年10月、ライシアムシアターでLed Zeppelinを観てインスパイアされた体験を描いた楽曲。ライブで「YOUNE」を演奏しているときに偶然できたリフ以外の部分はミヤジマとユウタロウの共作。エンディングのジャムはLed Zeppelinを追想しており、初期のZepグルーヴを再構築した上にmoogのソロを被せた。他の部分はLed Zeppelinには似ないように作ったという。後藤マスヒロによる疾走感とヘヴィネス、そして渾身のソロを盛り込んだJohn Bonham的ドラミングが聴きどころ。

Ken - vocals, basses, organ, moog, guitars

Masuhiro - drums

Yutaro - 2nd guitar solo

*Gear: Rickenbacker 4001S, Fender Jazz Bass, Scoop TL model with B-bender, Hammond C-3, minimoog, Gibson GA-20 combo amp, JMI Rangemaster, Flying Teapot 59 Preamp, Intelijel SpringRay2 reverb, Strymon Volante echo, Ludwing drums and Zildjian cymbals, Shure SM7B microphone

4) マーマレード (Somewhere in the Marmalade Skies) words - Ken / music - Ken & Yutaro

ミヤジマが持ち込んだ原案を気に入ったユウタロウが手を加え、自らもエレクトリック・シタールを入手。楽曲全体にフィーチャーされている。Phil Spectorの手による1960年代アメリカン・ポップスとThe Whoからの影響をまとめ、東洋への憧憬で味付けしたサイケデリック・ポップ。結成メンバーのススムがリードヴォーカルを担当。幻覚体験を浮遊感のある声で歌う。

Ken - bass, acoustic and electric guitars, mellotron, Hammond and Farfisa organs, sound effect, vocals

Masuhiro - drums, timpani, wood blocks, bongos, tambourine

Yutaro - electric sitars, harmony vocals

Susumu - lead and harmony vocals

*Gear: Fender Precision Bass, Gibson J-200 Celebrity, Scoop TL model with B-bender, Danelectro Baby Sitar, Jerry Jones Master Sitar, Hammond C-3, Farfisa Compact, Streetly Electronics Mellotron M400S (3 Violins, Mk II Brass and 8 Choir), Gibson GA-20 combo amp, Flying Teapot 59 Preamp, BOSS Tremolo, Maestro Bass Brassmaster fuzz, Intelijel SpringRay2 reverb, Strymon Volante echo, Ludwing drums and Zildjian cymbals, Ludwing Professional Timpani, LP wood blocks and congas, Tambourine, 1960's TV voices, Neumann U87Ai microphone

5) 僕の王国 (My Kingdom) words and music - Ken

7拍子のリズムが躍動するポップロック・ナンバーで、オリジナルメンバー時代のYesからの影響が感じられる。ベースとドラムの奮闘する上でギターとオルガンが火花を散らすインタープレイも印象的。曲順変更の際に、CDバージョン用のイントロが追加録音された。明日のロックスターを夢見て夜中に作曲する若者を描いている。

Ken - vocals, basses, Hammond organ, Rhodes and acoustic pianos, moog, guitars, sound effect

Masuhiro - drums, sound effect

*Gear: Rickenbacker 4001S and 4001, Hammond C-3, minimoog, Rhodes Mk I Stage Piano, Steinway piano (inside playing), Scoop TL model with B-bender, Fender Stratocaster, Gibson GA-20 combo amp, JMI Rangermaster, Flying Teapot 59 Preamp, BOSS Tremolo, Intelijel SpringRay2 reverb, Ludwing drums and Zildjian cymbals, waterphone samples, Neumann U87Ai microphone

6) 恋のシンコペーション (The Syncopation) words - Ken / music - Ken & Toshihiro Nomoto

活動休止前にも演奏されていた曲で、CoCoMo在籍時にギタリスト野本俊裕と作曲したもののリメイク。同バンド解散後に計画されていたミヤジマのソロアルバムに収録する予定だったが、ロマネスコのレパートリーに加えられ、ライブでも演奏された。ギターリフと意図的にずらした歌とリズムセクションが不思議な浮遊感を演出。変拍子の上で展開されるオルガンソロは楽曲の半分近くに及ぶ。邦題の「恋の」は、すかんちに影響されて日本語で歌うブリティッシュロックの世界を追求しつづけたミヤジマの希望でつけられた。歌詞も恋の始まりを描いている。

Ken - vocals, bass, guitars, Hammond organ, clavinet, RMI Electra-Piano

Masuhiro - drums

*Gear: Fender Precision Bass, Hohner Clavinet D6, RMI 368X Electra-Piano And Harpsichord, Hammond C-3, Scoop TL model with B-bender, Gibson GA-20 combo amp, JMI Rangemaster, Flying Teapot 59 Preamp, Ludwing drums and Zildjian cymbals, Neumann U87Ai microphone

7) 流星の宝物 (Starchase) words and music - Ken

夜の空気のように冷えたサウンドの質感・空気感を追求しつつもラテンのノリも持った幻想的フォークロック。楽曲の中核を担うアルペジオはエレキギター・ヴィブラフォン・RMIピアノでユニゾンして独特な音を作った。メロディを書き換えたところ、ユウタロウの声質に合うことが分かり、リードヴォーカルを任せることになった。夜空に瞬く星空を見ながら浮かんだ空想を歌詞にしている。ミヤジマはDavid Gilmourスタイルでギターを泣かせる。

Ken - bass, RMI and acoustic pianos, Hammond organ, mellotron, guitars, vibes

Masuhiro - drums, timpani

Yutaro - lead and harmony vocals

*Gear: Fender Precision Bass, RMI 368X Electra-Piano And Harpsichord, Hammond C-3, Steinway piano, Streetly Electronics Mellotron M400S (3 Violins and 8 Choir), Fender Stratocaster, Gibson J-200 Celebrity, Gibson GA-20 combo amp, Flying Teapot 59 Preamp, Shin-Ei Uni-Vibe, BOSS Tremolo, Sola Sound Tone Bender Mk 3, Intelijel SpringRay2 reverb, Ludwing drums and Zildjian cymbals, Ludwing Professional Timpani, Musser M55G vibraphone, Triangle, Neumann U87Ai microphone

8) 隠された星空 パート3 & 4 (Hidden Stars in the Sky Parts 3 & 4) words -  Ken / music - Ken (Parts Three) & Yutaro (Part Four)

​ブックエンドスタイルで作られる本アルバムを締めくくる大曲で、かねてから「The Mahavishnu Orchestraに歌がついたようなロックをやりたい」と言っていたミヤジマの願望が反映され、冒頭から燃えるような緊迫感のアンサンブルが疾走する。ボーカルパートはPart2から変奏して作られ、同じコード進行に異なるメロディーが展開する。ジャジーなピアノソロはライブで数回披露されながらも没となった「あやかし」から引用・リメイクされた。パート2のリプライズとなるパート4で結ばれる。大人たちに押し付けられた価値観に逆らって1967年から1972年まで未知の世界を求めて彷徨ったあとで、それらは一時の体験に過ぎないことに気づき、ロンドンの現実の中で地に足をつけて未来を切り開いていこうという気持ちを歌っている。

Ken - vocals, basses, acoustic and Rhodes pianos, moog, Hammond organ, mellotron, guitars

Masuhiro - drums, tambourine

Yutaro - vocals

*Gear: Rickenbacker 4001S and 4001, Scoop TL model with B-bender, Fender Stratocaster, Gibson J-200 Celebrity, Morris 12 string acoustic, Steinway piano, Rhodes Mk I Stage Piano, Streetly Electronics Mellotron M400S (3 Violins), minimoog, Hammond C-3, Gibson GA-20 combo amp, Flying Teapot 59 Preamp, JMI Rangemaster, BOSS Tremolo, Shin-Ei Uni-Vibe, fOXX fuzz&wa&volume, Sola Sound Tone Bender Mk 3, Maestro Bass Brassmaster fuzz, Intelijel SpringRay2 reverb, Ludwing drums and Zildjian cymbals, Tambourine, Neumann U87Ai microphone

 

ROMANESCO

In the wake of ART-ROCK giants...

BOOKING INFO

Send a message on our

Facebook page...​​​

 

FOLLOW US

  • w-facebook

© 2014 by Romanesco.. Proudly created with Wix.com