The Band

LINEUP Mk V PERSONNEL
Ken Miyajima - bass, vocals, organ, mellotron, synths 
(2010-2013, 2015-)

Shingo Suda - vocals, pianos, mellotron, guitars, synths (2022-)

Ryo Shigemoto - drums, percussion (2022-)

with a big help from

Hideki Kuritani (from Kinzoku-Yebis, D.H.C.) - guitars (2022-)

Taiga Takemoto - visualiser (2022-)

 

PAST MEMBERS and GUEST APPEARANCES:

 

Evian - drums, vocals (2010-2012, 2015)

Susumu Sakurai- vocals, guitars (2010-2013, 2015, 2019 guest appearance)

Yuki Suzuki - guitars (2012-2013)

MEW - drums, vocals (2013)

Fujiyama - drums, vocals (2013)

Masuhiro Goto (from Kinzoku-Yebis, D.H.C.) - drums, percussion (2018-2019)

Yutaro - guitars, vocals (2015-2019)

Toru Tabe - acoustic guitar (2019 guest appearance)

 

2010年結成。数回のメンバーチェンジを経て、ミヤジマケンイチが金属恵比須に加入した2013年まで活動。2014年のファーストアルバムリリースを受けて2015年からはミヤジマを中心としたプロジェクトとして復活。ユウタロウ、後藤マスヒロらと2019年にセカンドアルバムをリリース。旧知のシンガーソングライター須田慎吾『ラムネ時代』をプロデュースした際に、「これはロマネスコ・ミュージックだ」という手応えを得たミヤジマの呼びかけで、主な参加メンバーにより新たなバンドが結成された。

英国ロックを機材や手法も含め徹底的に再現した演奏と日本語の歌のコンビネーションを結成時のコンセプトとし、1stアルバムでは1969年、2ndアルバムでは1972年をモチーフとした。以降は英国ロックをルーツとしながらも時代感には囚われず、ミヤジマとその時のメンバーのクリエイティビティの赴くまま刺激的な音楽を作っていくことをモットーとしている。

Page 1 Photo.png

2ndアルバム「Romanesco!!/ 神秘の夜」は

​プログレッシヴ・ロック専門誌「ユーロ・ロック・プレス」で9/10点の高評価。ディスクユニオン・日本のロックチャートでは最高2位を記録。

RamuneJidai_Finished_CoverJPG.jpg

2022年以降のラインナップは、須田慎吾の​ソロ作品『ラムネ時代』参加の中核メンバーにより結成された。

theOriginal.jpg
58756903_2307516765976477_33076070138983
52333013_2190998860961602_58609611457702
44818048_1837376173028298_84796863763993
30713563_1742199125841580_67503961735230
59621335_2101996236566289_13741860176946
58626018_2307516729309814_27446982277385
66123443_2218448014921110_36693413057349
66487692_2218447924921119_41195255312951
65908196_2218447918254453_55937292727505
65946628_2218447991587779_14336629739177
290878877_1166381960601506_732759131097294005_n.jpg
291336954_1174142159794517_5746486925711903177_n.jpg
291530627_759168485120545_8505102751007136033_n.jpg
290994903_775525980457022_2183079463331880753_n.jpg